2018年5月27日日曜日

法住寺へ・・・





京都国立博物館内の清風会(一般社団法人)の総会へ
年にいつも5月の最終日曜日に東山閣で開かれる
会員現況報告に始まって事業実施報告 公益目的支出計画実施
報告などの会計報告などなどがあり 終了後 昼食をとり
その後見学会 見学するためのレクチャーが1時間ほどあり
それからいざ特別見学会
今日は 法住寺へ 京都東山 三十三間道堂東側にあります
天台宗 後白川法皇御所聖蹟
三十三間道堂はかって見学していますが すぐ隣にこのお寺が
ある事は知りませんでした
静かなお寺 敷地はかなり広いようです
レクチャーの時 資料として地図をいただきました 
その地図を 見ながら地形の話しもあって 聞いている時
ふとテレビ番組のブラタモリを思いだしていました
3枚目の写真は三十三間道堂と法住寺の間にある南大門です
京都は暑かったようですが 緑豊かで風も吹き あまり
暑さを感じることなく見学できました
でも 疲れましたクタクタです
眠気が襲って これを書くのも一苦労です
瞼が落ちてきて・・・とにかく眠いです 疲れています

清風会のことは 2017/05/28 に詳しく記してあります
アーカイブでご覧下さい


2018年5月26日土曜日

マルベリーが・・・・



九州は梅雨入りとか 今年は早いようです
ああ〜ジ〜メッとした日々がやって来るのか
いやですねえ〜 でも農作物には大切な梅雨
降り過ぎては困りますが 人間は勝手にいやだと言うけれど
植物にしろ 動物にしろ必要不可欠なもの
神様は無駄なことはしてはいないですね
時々 大雨をもたらして困りますが 神様の怒りでしょう

桑の実 マルベリーがつい先日 お世辞にも美しい 綺麗とは
言えない花が咲いていましたが いつのまにか実に変身
綺麗な色をみせています
なんの手入れもしていないけれど 日当たりのいい処に置いて
水をあげているだけ それだけ でも律儀に稔ります
沢山 稔ればジャムにでも アントシアニンが多く含まれて
いるそうです
木が小さいから 数えるほどしか稔りません
地植えすると 驚く程大きくなるそうです
そうなればジャムも出来ることでしょう
でも季節を楽しむには また狭い庭では 鉢植えが丁度です
この実が彩りを見せ始めると梅雨の季節が・・・・・
植物によって季節を感じる いいものです
花は綺麗ではないけれど 色づいた実は 陽の光を浴びて
輝き キラキラと美しい色合いを見せています
ありがとう

2018年5月25日金曜日

ピンクのお気に入りのバラ



お天気予報では 暑い日でした 真夏日 一歩手前です 
ニュースで流れていました 29度何分かだったそうで まさに
一歩手前
朝から編みあみ会での仕事をみなさんと一緒にしましたが
暑いとは感じなかったし 又だれも暑いと口にはしなかった
扇風機もエアコンもなしで やはり湿度が低いのでしょう
爽やかでした
こんな日なら気温が少しぐらい高くても 楽に過ごせるのでは ・・
陽ざしをいっぱいに受けて 花たちは 植物は生き生きとして
輝いています
庭に出れば 新緑が美しく圧倒されます どの樹もどの花達も
青春を謳歌しているか如く輝いている
瑞々しい世界 生きる勇気を 生きる喜びを与えてくれる
どんなに落ち込んでいても 心が晴れやかになっていく
その時だけの瞬間かもしれないが それでもひと時 心が
軽くなれば・・・・
もう10年以上前に求めた小さな薔薇 ピンクの色が気に入り
入り その上 房咲で そのかたまりが美しく 一目惚れして
植えています
毎年よく咲いてくれます
背は伸びていますが枝は細くこれで持つのかと思う程弱々しく
見えますが 他の薔薇のように虫に食べられると言うことは
殆どありません
お気に入りの薔薇の一つです
今年も咲き初めて感謝しています 
花の期間も長いので 楽しみも倍増です

2018年5月24日木曜日

お買い得なアジサイ



きのうの雨は上がり からりと晴れて清々しい
気温は高いようだが爽やか
お天気もよく 気持ちが良い 木々の新緑が輝いて瑞々しく 美しい
昨日 外出したついでに 夕餉の買い物にスパーへ・・・・
入り口入った途端に目に飛び込んで来たアジサイ
花 はな ハナと並んでいる中で アジサイが目にとまりました
大輪で優し色合い 綺麗だなあ〜と 見詰めつつ その場を離れよう
とした時 そのアジサイの値札が目に・・・途端にエエッ本当に?
なんと なんと499円  本当なの?
思わず値段につられて求めてしまいました
花の命が終わりに近づいているから見きりしているのでしょう
花が終わって切りとった後がありましたが まだまだ だと思い
それに来年も楽しめるのは確実ですから お買い得と考えて・・・
「スズカパール」 品種登録出願中 とありますから 新しく産み
だされたのでしょう
置き場所が レースのカーテン越しの明るいところ とラベルに
記されていますので 今のうち 花のある間は部屋の中でと
それ以後は外へと思っています
はてさて 本当にお買い得だったでしょうか それとも安もの
買いの銭失い でしょうか
まあ〜いずれにしても どちらか判明するでしょう
お買い得でありますように・・・・手入れしだいかも

2018年5月23日水曜日

雨降りの日に



昨夜から降り始めた雨は 朝になっても止まず 一日降り続く
小降りになり もう上がるのかなと思うとまた 降り出して
いやな一日
雨の中 朝から歯の治療に そしてその足で教会へ・・・・・
教会の前まで行くと 教会の隣家のご主人が 庭木の手入れ中
頭を下げると 薔薇 いりませんか 薔薇は嫌いですか と
聞いてこられました 勿論好きです 赤き薔薇が塀を乗り越えて
見事に咲いています その薔薇をあげる 切ってあげると
ありがとう 喜んでいただきますと・・・小雨が降っています
後で玄関先に置いておきます と
写真はいただいた薔薇です もっと沢山いただきました
仕事が終わって帰る時 玄関先に袋に入れて置いてありました
忘れずに傘立ての上に・・・・
朝からの外出 雨が降って鬱陶しい中 疲れもあって 気分が
滅入りがち でも赤いバラが癒してくれました
心がルンルンになって 駅で珍しい人にも出会い ホッと・・

夏に向かって 涼しげな配色のトートバッグが出来上がりました
リバティークロスで ストリングしているだけの袋
持ち手はグレーでラメ入りのテープで・・・・・
如何でしょうか 
ブルー系で 爽やかでしょう
早速 お嫁に行きました 喜んで嫁に行きました
きっと大切にされると思います
明日は晴れてほしいです
雨降りは 好きな日ですが 忙しすぎて疲れていました
明日は晴れてほしい 気持ち間かるくなるでしょう

2018年5月22日火曜日

ホタルブクロが・・・



気温が上がった割りには爽やか 湿度が低いのでしょうか
庭仕事を お昼過ぎに少しだけしましたが 汗が吹き出る事は
なく気持ちよく仕事が出来ました
乾燥しているのでしょうか 昨夕 水遣りをしましたのに
今日の庭は 白くカリカリに干からびていました 
ええ〜ッ 水遣りしなかったかなと 一瞬 疑うほど 乾き
きっていました まるで日照りが何日も続いたように・・・
今年も ホタルブクロ が咲き始めました
随分と大きく育って 沢山の花をつけています
茎に鈴なりにぶら下がって咲いています
時々吹く風に揺さぶられ涼しげです
もう何年も前から住みついていますが 家族を増やし続けて
広がりちょっと困っています 他の花たちを押しのけ 覆い
かぶさり 花壇を独り占めする勢いです
地下茎で増えるのですね 
咲けば嬉しいし けれどはびこるのは困るし ひろいひろい
庭ならば一面に広がっても 草原のようでいいのでしょうが
我が家のようなスモールガーデンではいささか困ります
今のところは我慢できますが・・・・増える分 欲しい方に
お裾分けしていますから 大丈夫ですが そのうちに・・・
どうなりますことか
もうそろそろ梅雨入り ホタルの季節 そして
ホタルブクロの季節
白い花 夜 眺めると暗闇に白さが浮かび 幻想的です
夢の世界へいざなわれる・・・そんな雰囲気があります


2018年5月21日月曜日

今が旬〜空豆をいただきました


空豆をいただきました 畑でとれました 今年は 春先に暖かかった
せいで大豊作です と手紙が添えられて 友人からです
早速 グリルで焼いて あつあつを・・・
先ずは何もつけずに 食べました 空豆本来の味が口の中で広がって
美味しくいただきました
季節の野菜 我が家にとっては初もの 季節が身にしみます

天に向かってさやがのびるから「空豆」
中国では さなぎになる前の 蚕の形が似ているから「蚕豆」
千三百年に中国から渡来 その時は「唐豆」だったとか

さくらが咲いてから二ヶ月後までがその地方の空豆の旬
いろんな呼び名を持っている
四国では 四月豆 静岡ー五月豆 千葉ー雪割豆 奈良ー大和豆
伊勢ー雁豆 九州ー唐豆
地方色豊かな呼び名なのでしょう 理由はわかりませんが
空豆と呼んで親しんできたからそんなに沢山の呼び方が あるとは
驚きです
旬はもうすぐ終わりですね ひすい色の豆 ごついさやの中で
大切にふわふわの布団にくるまれている空豆
さやから見る感じと布団にくるまれた豆とは 落差があります
外見からは想像もつかぬ豆本来の味 その美味さ
この季節に味わえる食感
たっぷり味わっています ありがとう