2018年2月18日日曜日

トートバッグが新たに・・・



寒い日が続きます が 陽が惜しみなく燦燦と降りそそぐので
気持ち的にも助かりますね
アネモネの蕾が咲くのは もう少し先だろうと思っていましたが
この暖かそうな陽ざしのせいでしょうか 笑い始めました
おや〜もう咲くのですか と声かけたくなる程 嬉しそうに
微笑んでいます

随分 昔 創ったトートバッグ 街をイメージしたデザインを
麻布にアップリケと刺しゅうで・・・そしてトートバッグに
縫い上げました
そのトートが 使いすぎて少々くたびれてきていましたから
最近は 使うことなく押し入れの片隅で眠っています
が 同じ材料が 片付けしていたら ひょっこり出て来ました
当時 生徒さんのためにキットを組みました そのキットが
残っていたようで・・・・・折角だから作ってみようかと
今は教室をやめていますから キットのまま放置していても
他への使い道が難しいこともあって・・・・
矢っ張り 作りたては綺麗でいいですね
新鮮です こうして新しく縫い上げておけば 使い道はいろいろ
あるでしょうから 自分で使うか バザーに或いはマーケットに
それとも誰かにプレゼントするか 考えてみるのも
楽しいこと・・・しばし眺めることに

2018年2月17日土曜日

カエルのキーホルダー



まだ冷たさは残っていますが わずかに春らしい温もりを感じて
庭に・・・・クリスマスローズが あちこちで蕾が顔をだしはじ
めて なんとなく嬉しくなって・・・・・
葉の落ちた木々にも春の兆しが見られて・・・もう少しの辛抱かな

カエルのキーホルダーです 
カエルの好きな我が家のお嫁ちゃんに 創ってあげたら喜ぶかな 
と・・・・・
二つつくるため 布を用意しましたが 3つ出来ました

如何ですか? 緑の色でつくりましたが 布の色を変えたら
どうなんでしょう
赤いカエルもいることだし 黒ッぽいのもいますね
それとも現実から離れて自分の好きな色でつくっても良いかもね
ピンクのカエル 紫の 或いは ブルー 藍染めの布で
面白いでしょうね
今そこまで手を回すゆとりはありませんが・・・・
まあ〜この色 グリーンが一番カエルらしいかな?
でもお嫁ちゃん 喜ぶかな?
キーホルダーですが キーのために使わなくても マスコットで
バッグにぶらぶらでも良いと思うけれど・・・
さて果てどうなるのでしょう

2018年2月16日金曜日

山茶花が・・・・



少しだけ気温が上がると 暖かいですね
手袋なしで外が歩けます 冷たいと感じる事なく・・・・・
病院へ と言うよりはかかりつけの医院へ検診に・・・
その帰り道 紅い 真紅に近い色の山茶花が目に入りました
咲き始めたばかりのようで これからが楽しみな蕾が 数多く
色だけみせていましたから 全開になればきっと見事に真紅
の花が ひとつのかたまりになって 目を引くのでは
でも 今年は いつもより花咲く時期が遅いように思います
ここだけではなく よその家々の木を見てもそう感じます

今日は 天気図記念日 です
明治16年(1883) 日本で初めて天気図がつくられた
若い時は 冬に 雪の季節になると 毎日 必ず新聞の天気図を見て
一喜一憂してたのを思いだします
西高東低になれば喜んで・・・・・雪を期待して・・・・
スキーに夢中でしたから 雪がスキー場に降って欲しい願いを
こめて・・・今時こんなに都会で降り積もったら困りますけれど
雪景色の中 白の世界の中 この真紅の山茶花は さぞや美しく
際だって見え 映えて 心惹きつけるのでは・・・・

2018年2月15日木曜日

ピアノカバー


昨年の秋 部屋の片付けをしていた時の事 昔々に制作した作品が 
出て来ました
ああ〜こんな作品つくったことがあると懐かしい思いで見直し 
しばし遥か昔に心が戻って行きました
ピアノカバーです 仕上がった時にすぐ使いませんでした
女の子ではないので もう一枚 渋いカバーを作っていましたので
それを使っていましたので タンスに収納したまま 今日まで日の
目を見ることはありませんでした
最も今は 役にたちません 
現在もピアノはありますが グランドピアノですから
息子が高校生の時に買い換えましたので・・・・・
作品は アップリケと刺しゅうで 土台布は 麻布です
可愛いでしょう 女の子だったら喜んでくれたでしょうに・・・

又タンスに収めても・・・・・と考えた末に 差し上げました
と言うよりは貰ってもらいました
小さなお友達に・・・外孫だと思っている 小さな友人に・・・

2018年2月14日水曜日

春の匂いを・・・・・

 

まだまだ寒い 冷たい だが きのう程のことはなく 暖かい陽ざし
ちょっと陽が射し込む それだけで心まで温かくなる
つくづくお日様のありがたみを感じて・・今時は少し暖かで陽ざしが
あると 球根の芽 草花 木の芽が 背伸びする姿が見られ 嬉しく
なりますね
太陽がなかったら 人間 否 命あるものすべて生きていくことは
できない大切な陽の光り
暦の上では春 でも実際にはまだまだ冬景色
それではせめても 生活の周りを春らしくと・・・・・
いち早く玄関のドーアー飾りを春に変身してもらいました
寒々とした風が吹く中で 春らしい雰囲気を眺めるのも悪くはないと
春が 希望の春が少しでも早く来るように願いをこめて

今日はバレンタイン 聖バレンタインディー
バレンタイン司祭は 結婚を禁止していたローマ皇帝に逆らって
沢山の兵士達を結婚させました それがローマ皇帝の怒りをかって
270年の2月14日 ついに殺されてしまう もともとは司祭の
死を悼む祭日 
今では 愛しい気持ちを伝える日
本当に愛しい人への思いをこめて贈る人も沢山いるでしょうが
最近は チョコレート界の業者に載せられて お構いなしに配り
義理チョコなんて言葉も生まれている
若い日は 義理チョコなんて言葉はなかったように思うし
チョコ チョコなんてあまり言わなかった様に思うけれど
告白はしなかったけれど 思いをこめて贈ったことはあります
遠い昔の話ですが・・・もう忘れましたね

2018年2月13日火曜日

布で作ったスヌード




相変わらず寒いこと 時々 ひらひらと風花が舞って・・・・
こんな平地でも積もるかなと思わせる大きな花びら
しかしすぐに陽がさして いつのまにか花びらも いずこにか
消え去って しばし見た夢のような情景が 何回もリフレイン
されて日が暮れてゆきました
しかし明日は暖かな一日になるとか 気温も上がって10℃を
越すとの予報
又々 スヌードです
昨年の11月末頃に 布を裁断 ミシンでカタカタ縫い合わせて
柄布はリバティー3種類を配色を考えて 長く縫い合わせ
裏布にフリースを使って輪に仕上げました
一寸変わったスヌードです 表は布地しかも木綿 裏はフリース
柄と色の取り合わせに味があり 面白いスヌードになりました
完成してすぐにお嫁に行きました
クリスマスプレゼントとして・・・・・
とても気に入ってくださったようで お会いする度に 首に
巻かれていました 
嬉しいですね 愛用されている姿を見るのは・・・・
すごく暖かいのよ との事 手軽に着用していただける
創った者にとっては 嬉しいし制作者冥利につきます

2018年2月12日月曜日

久し振りのコンサート


久し振りのコンサート
御影の世良美術館へ
家を出るときは 風花が時折舞っていたにも関わらず 風がなかった
せいか たいして寒さを感ずることはなかったのに 御影の駅を
降りて駅舎の外へ出た途端 寒さに驚きました
 強い風が吹き荒れて 舞ってました
飛ばされるのではないかと思うほど 六甲おろしなのでしょうか
小さなホールでのコンサート 
演奏者との距離が近く 演奏者の解説付きでの演奏会 
すごく親しみがもてアットホームな感じで楽しめました
大きな立派なコンサートホールで聴くのとは違って 非常に親しみが
持て体へ心へスーと入っていく感じがしていいものでした
曲は馴染み深いバッハとドビュッシー 
心満たされて帰途に 会場から外に出れば 先ほどの強い風が収まり
穏やかな風が 体に纏い付き 友人と駅前で ケーキとお茶を・・・
外出は久し振りの事 楽しい一日でした